よろず鳥報

毎日がエブリデイ

特別展「国宝・鳥獣戯画のすべて」

f:id:oic:20210413170435j:plain

上野の東京国立博物館で、2021/4/13~5/30の期間、開催している特別展「国宝・鳥獣戯画のすべて」を観てきました。これから観にいく方の楽しみをスポイルすることはないと思いますんで、わたくしが思ったところを書いておきますね。

まず、鳥獣戯画が甲乙丙丁の四巻ということを知らなかった。いちばん有名なウサギやカエルの漫画は「甲の巻」で、ほかに三巻も、毛色の違う漫画があったのでした。いちばん人気の「甲の巻」は、動く歩道に乗って鑑賞するんですが、これが速すぎず遅すぎず、絶妙な速度で鑑賞できてとてもよかった。いっそ、ぜんぶ動く歩道からの鑑賞にして欲しかったですね。

世界に散らばる鳥獣戯画の切れ端や写本を集めてきて、作成当時の全体像は、おそらくこうでした!(バーン!)と見せてくれるのは、たぶん日本だとトーハクしか出来ない、本当に素晴らしいお仕事でした。首都圏に住んでいて良かったなーと思うひと時。飛行機に乗って観に来る価値があると思います。


昨年末からほったらかしてたブログ、なんでまた書いているのかって?はてなブログProを解約するの忘れて、年会費払っちゃったんだよ!言わせんな!