よろず鳥報

毎日がエブリデイ

品川22号店のカレー

おはよう世界。

品川駅の立ち食いそば屋のカレーが好みだという話を聞いた。

品川駅は乗降客数の割に飲食店が少なく、構内の飲食店はどこも混んでいるし、京急民にとって身近な高輪口は、かつての秋葉原なみの食の不毛地帯。なんで品川駅周辺で食事をしようという発想が、そもそもなかった。話を聞いてから、通りがかりに眺めてはいたが、今夜は店内の先客が4人いて、なんと4人ともカレーを食べている。これは事件だ!と思って、突撃取材を敢行した。

f:id:oic:20200924002910j:plain

これが品川22号店のカレー。食べてみると、おおっ!これは昔なつかしい、学食のカレーだ。うちの学校、ちゃんと辛くて旨いという評判だった。ようは業務用の缶詰かなんかだと思うけど、カレー専門店の味でもないし、市販のレトルトカレーの味でもない。家庭で作るカレーとも違う。とくべつ旨いようなもんでもないけど、好みに合えばハマる味だと思う。

そういえば、はらも「好みだ」と言っているが「旨い」とは言っていないもんな。まったくその通りだ。