よろず鳥報

毎日がエブリデイ

映画「劇場版ごん」

おはよう世界。とりちゃんです。

皆さんご存知「ごんぎつね」の劇場版です。美しい絵本の世界とは違う、泥くさい表現がリアルに感じられて、素晴らしかった。
ストップモーション・アニメーション、有名どころだと「ピングー」「ひつじのショーン」みたいな、コマ録りの実写のアニメーション。この作品では、粘土の人形ではなく、木彫りの人形が動き回ります。

f:id:oic:20200725231154j:plain

いたずらぎつねのごんは、浮浪少年のようは風体をしています。母を亡くした小ぎつねですから、そうなりますよね。火垂るの墓のような世界。
ほどなく母を亡くす兵十と、同じ境遇ゆえ心を通わせることになりますが、、、あとは原作の通りです。

f:id:oic:20200725231202j:plain

折しも感染症の世界的な流行で、人々の本音が出てしまっているというか。人は永遠にわかりあえないんじゃないかと、思うことがあります。
でも、兵十とごんは、わかりあえたんですよね。アムロとララァのように。すみません、ガンダムの見過ぎですね。


劇場版 ごん - GON, THE LITTLE FOX - 公式サイト

兵十、don't be afraid...