よろず鳥報

毎日がエブリデイ

映画「アリ地獄天国」

おはよう世界。とりちゃんです。

横浜シネマリンで社会派の作品を観てきました。
アリさんマークの引越社、営業職の社員が社用車で玉突き事故を起こす。損害額:48万円(明細不明)を、社員が弁済するのはおかしいと指摘され、個人労組に加入。会社に団交を持ち掛けると、シュレッダー係に配置転換・・・というドキュメンタリー作品。
いやあもうなんか、観る前からつらい気持ちになってきます。

f:id:oic:20200617060933j:plain

映画みてスゲえと思ったのは、主人公の鬼メンタル。
・テレアポ係に配転(給与半減)後、二位の好成績
・シュレッダー係に配転(給与さらに減)を二年半
・和解後、営業職に復職
並の人間なら多分どっかで心が折れてる。自分なら、テレアポ配転の時点でポキっと逝ってるような。
あくまで社員側に立った映画なので、会社が良いの悪いのという話はできませんが。うーん。


https://www.ari2591059.com/