よろず鳥報

毎日がエブリデイ

出雲と大和(東京国立博物館)

ナマステー世界。銅鐸愛好家のとりちゃんです。

月に一度は上野へ行こう

上野公園の美術館と博物館は、休前日が夜間開館日に設定されています。勤め人にありがたい施策で、貧困にあえぐ労働者のわたくしも月イチで夜の上野公園へ出向いて、文化に触れたりポケモンを捕まえたりしています。都内勤務の皆さん是非。

  • 東京国立博物館(金土、21時まで開館)
  • 国立科学博物館(金土、20時まで開館)
  • 国立西洋美術館(金土、20時まで開館)
  • 東京都美術館(金のみ、20時まで開館)

出雲と大和

正直いって、それほど興味は無かったんですが・・・ミュージアムショップで三角縁神獣鏡のコンパクトミラーが売っているよという話をTwitterでみて、うちの人の貢物にしようかな?と思って観に行ってきたわけなんですよ。まー結論から言うと値段なりの品物だし、細工がショボいので人にあげるようなもんじゃなかったけど。ガチャガチャも海洋堂じゃなかったから、パス。
そっち方面はまったく期待はずれだったけど、展示はマニアックでにやにやが止まりません。銅剣を100本以上並べて展示していたのは圧巻だった。保存状態が個々に違うとはいえ、大量生産の銅剣ですよ。何本か並べておけば以下同文でいいっしょ、ってならないところが素敵ですね。あなたの愛すべき一本を探してみてください。
わたくしが愛してやまない銅鐸も各種展示あり。埋葬当時の状態を再現した模造品の展示をみて、そういえば銅鐸とか青緑色のモノだと思っているけど、制作された当時は黄金色だったんだなあと思うなど。

ミュージアムのあと

夜20時を回ると、上野あたりで行きたいお店は、だいたい閉まっちゃう。なので最近は、ecute上野の"シターラ・ダイナー"か"たいめいけん"をよく利用します。今夜はたいめいけんで、向田邦子さんが愛したカレーライスをいただきます。
f:id:oic:20200224094407j:plain
今日もお仕事ガルバンゾー!
東京国立博物館 - 展示 日本の考古・特別展(平成館) 日本書紀成立1300年 特別展「出雲と大和」
東京国立博物館 - 1089ブログ