よろず鳥報

毎日がエブリデイ

ステーキハウス リベラ(五反田)

快進撃に見えた「いきなりステーキ」が、業績不振なんだとか。そんな話を聞いたら、ひさしぶりにステーキが食べたくなっちゃったよ。

元祖!「いきなり」ステーキ

リベラは、いきなりステーキよりずっと前から「いきなり」ステーキを出していた個人のお店。注文して数分で、本格的なステーキを食べることができる。出すものは基本、ステーキと白飯だけ。
味はバツグン。ただ、いろいろ大雑把なところがあるので、細かいことが気になる人はオススメしない・・・

さあ、行こう!

お店は、JR五反田駅から高輪台駅に向かって7分ほど坂を登った所、緑と赤の派手な看板が目印。カウンターのみ10席。壁は来店したプロレスラーや格闘家の写真で埋まっている。古い写真が多いから、むかし取ったナントカと思っていたけど、公共広告に出ている有名プロレスラーが食事している所に遭遇したことがある。プロレスラー御用達は、伊達じゃない。
「ポンド?ハーフ?・・・ヒレ?」
ポンドは、お店名物の1ポンドステーキ。1ポンドは453グラムだけど、マスターいわく400グラム。ハーフはその半分。どうやら1ポンドは肉の重さじゃなく、商品名。
ヒレはマスターいわく「同じ肉」「いいところを選って出している」らしい。どうやらヒレは肉の部位じゃなく、商品名。

さあ、食おう!

f:id:oic:20200116080618j:plain
焼き加減はレア固定。チンチンに焼かれた鉄板で、増し焼きして食べる感じ。あまりデカイ肉を頼むと、食うほうが追いつかなくて、火が通り過ぎる。なので、ふつうの人はポンドがいいと思います。
調味料は、特製ソースが絶対のオススメ。すりおろした玉ねぎ、にんにくが入った醤油のソース。これをたっぷり肉にのせると、不思議と白飯がススム。ない時があるけど、マスタードもGOOD。
肉はその時々で色々かな、真ん中で開いたハート型の肉が当たると最高でした。(ランプ肉かな?)ガチャガチャ並に、何が出るかわからないけど、赤身のやわらかい肉であることは間違いない。いま風にいうと「熟成肉」と言うやつ。細かいことはいいから、喰え・喰え・喰え!パッと食ったら、パッと出る。これぞ、元祖「いきなり」ステーキでしょ。
「まいど!気をつけて」
また、来ます。