よろず鳥報

毎日がエブリデイ

「岸田劉生展」東京ステーションギャラリー

東京ステーションギャラリーは、平日18:00閉館なんですが、金曜日は20:00まで開館しています。仕事おわりに寄ってちょうどいい感じです。台風19号の上陸前夜、早め帰宅ムードのチャンスを活かして、ゆっくり鑑賞してきました。
肺病を患い、屋内で絵を描いていた時期が長かったようで、自画像や家族、友人の絵を多く描いています。娘の麗子の絵は点数が多く、気合いも入っています。麗子が小さい頃は、写真とそっくりに描いていますが、だんだん例のつぶれあんぱんになっていきます。なんでつぶすようになったのかは、よくわかりません。
麗子のインパクトが強すぎてあれですが、岸田劉生の静物画や風景画は、一目みておおおと思う作品が多いです。テレビで見ても、おおっ!と思いましたが、実物を見ると、おおおおおっ!!って感じです。青いリンゴが三つ並んだ静物画、迫り来るように感じられて、凄い迫力があるんです。静物画ですよ?
ところで・・・ギャラリーショップに入ると、急にしりあがり寿推しが始まるんですが、あれはなんなんですかね。グッズの半分ぐらいが、しりあがり寿の絵柄を使ったものでした。岸田劉生展に来て、岸田劉生の画業を観て、しりあがり寿のグッズ買うって変じゃないですか???
麗子の缶バッジとかコースターがあったら欲しかったんだけど、無難にクリアファイルを選びました。どうでもいいけど、クリアファイルの在庫が増えすぎてあれだな。

東京ステーションギャラリー - TOKYO STATION GALLERY -