よろず鳥報

毎日がエブリデイ

Dell XPS13 (9360) SSD交換日記

いまM.2タイプのSSDがだいぶ安いことになっていて、タイムセールみたいな特別な機会じゃなくても、マイクロンの1TB(CFD扱いの正規品)が12kで買うことができます。わたしも一念発起してXPS13の内蔵SSDを取り替えてみました。道具さえ揃えれば、シロウトでも交換できると思います。

準備した道具

買い揃えた道具類をメモしておきます。ちょっと失敗だったのは、こじあげ工具。金属製のモノを選んだんですが、PC本体がアルミとプラスチックなので、工具に負けて削れちゃいます。また、工具一本だとむずかしいので、プラスチック製の工具を複数本用意するのがよさそうです。

Crucial P1 1TB 3D NAND NVMe PCIe M.2 SSD

シンプルモバイル M.2 NVMe (CM2NVU31C)

ANEX 3541 スーパーフィット精密へクスローブドライバー

iSesamo

システムのクローン

プレインストールのWindows10を新しく買ったSSDに引っ越しました。

マイクロンのSSDを購入すると、マイクロンユーザ向けのクローニングツールが無償でダウンロードして使えるんですが、ボクのようにSSDをケースに入れてUSBで接続した場合は、使えないようです。なので、今回もいつものツールを使うことにしました。

EaseUS Todo Backup Free - 無料ダウンロード

クローニングツールです。このツールは"クローン"と"システムクローン"という動作モードがあって、メーカ提供のリカバリ領域など含め丸ごと引っ越したい場合は前者、Windows10の起動に必要な領域のみ引っ越す場合は後者を選択するようです。ボクはディスクを広く取りたいので、後者を選びました。

EaseUS Partition Master Free - 無料ダウンロード

パーテーション再配置ツールです。クローニングではシステムドライブ(C:)が広くならないので、クローニングしたあとで、システムドライブを目一杯広げておきました。

開腹手術

裏蓋は単にネジ留めされているのではなく、はめこみ式で本体に固定されています。固定しているツメを外してやる必要があるのですが・・・ここがいちばんむずかしいところです。

Dell公式サービスマニュアル

公式マニュアルでは、排気口の所からこじ開けると説明されています。

iFixitの解説ページ

iFixitの解説では、奥側の角からこじ開けると説明されています。

知らん兄ちゃんの解説動画では、手前の角からこじ開けると説明されています。一応ぜんぶ試してみて、兄ちゃんの解説動画が正解のようです。この動画では、ずいぶん簡単に外れていますが、自分でやってみたらえらい苦労しました。こじって開けた隙間にボール紙を突っ込む、ということを繰り返しながら、慎重に慎重に、たぶん小一時間は格闘していたと思います。

術後の経過

クローンしたSSDから普通にWindows10が立ち上がったので、裏蓋を元に戻しました。システムドライブの容量が935MBと表示されているので、手術はすべてうまくいったようです。容量が増えただけで、まだ何も使っていないんですけどね!