よろず鳥報

毎日がエブリデイ

漫画「恋煮込み愛つゆだく大盛り」「泥の女通信」

ごま豆腐先生(@morisyrup)に教えてもらった漫画。ネットに出ている話をいくつか眺めて、Amazonみたら売り切れ。なんかピピッときたので、リアル本屋を2軒回って買い揃えてみました。

f:id:oic:20190418120524j:image

漫画本を買うなんて久しぶりだから、探せなくてね。ビームコミックスとか言われてもさ・・・棚が出版社で別れていたから、出版社を調べたらエンターブレインって書いてあるんだけど、そんな会社の棚ないし。困って店員さんに相談したら角川書店なんだってね。そんなのわかんないよ。ありがとう店員さん。

とらのあな横浜店で「恋煮込み愛つゆだく大盛り」確保。

もう一冊も買いたかったけど、また店員さんを手間どらせるのもなんだと思ったので、ダイアモンド地下街の有隣堂へ移動。検索機で探すと在庫ありだったんだけど、今度は棚番号が見つからない。
女性の店員さんが微笑みかけてくれるものだから、聞いていいのかと思いつつ、棚に案内してもらう。一瞬、棚から本を探す素振りを見せてくれたが、
「著者名の順に並んでいますから・・・ナ行で探してみてください。」
すいません、すいません。そんなつもりじゃないんです・・・って、心の中で言い訳。なお棚ではなく、平積みされていました。

有隣堂のコミック王国で「泥の女通信」確保。

しかし、リアル本屋は危険だね。探している棚で見かけた、つげ義春✕池上遼一(タイトル忘れた)とか、めっちゃ気になるし「気分はもう戦争」の続きが出ているのね。気になった本を買っていたら、お金がいくらあっても足りないよ。目をつむって本屋を退散。

家についてから、買った漫画本を読み始める。直感はアタリ、好きなタイプの漫画だ。去年みた映画で「きみの鳥はうたえる」という"近すぎて好きって言えない"気持ちを描いた作品があったけど、それにドロっとした何かをぶっかけたような感じのする作品。二冊を一気に読み終えた。
作者のにくまん子さん(発声しづらい)SNSのidが @oic_oniku というところに微妙な共感をおぼえる。ボクのはてな id:oic なのね。同じセンスを共有できたみたいで、ちょっと嬉しい。