よろず鳥報

毎日がエブリデイ

がんばれゴエモン

勝烈庵で今日も大満足な食事を終えて出口を見やると
「十二月十二日」
と書かれた紙が、天地逆さまに貼ってあった。あれは何かと店の人に聞くと、どろぼう除けのまじないだという。天井からヌッと入ってきた泥棒が、石川五右衛門が釜ゆでになった日が書かれた紙を見て・・・ということらしい。
調べてみたら西の方の風習のようだ。へえ。

石川五右衛門の命日に - 葛城市