よろず鳥報

oishiiは正義

もり家 東京店(浜松町)パート4

パート3は、こちら:

禁断症状ふたたび

その日は朝からうどんが食べたかった。前日から思っていたんだが、あいにく仕事で遅くなり。急いで行ってもラストオーダーに間に合わない、、、会えない時ほど、恋の炎は燃え上がる。今夜は絶対にうどん。もり家のかれーうどんを食うじゃあああ!と、朝からひとりで盛り上がっていた。

こなぁああぁゆきぃいいぃ

席に通されると「クリスマス限定で、こんなのもやってます」と、純白淡雪UDONと書かれた紙を渡された。なんだよそれ。。。おれは、かれーうどんを食いに来たんよ。しかし、純白とやらは2日だけの超限定。かれーうどんはいつ来てもある。つまり、
f:id:oic:20191227074142j:plain
はい、限定に弱いおじさんです。。。

まんぞくまんぞく

純白淡雪UDONは、ようするにクリームシチューうどん。野菜がいっぱい溶けているシチューも、ささみの天ぷらもそれぞれに美味しい。でも、これを食うのもり家じゃなくてもいいな?まあ、正直な感想。はなまるあたりでお安く出してそう。
この日、通された席から、ご店主とおぼしきおじさんが生地を踏み、綿棒で延ばし、リズミカルに切っていく一部始終を見ることができた。もり家に来たら、なによりこの手打ち麺を味あわなきゃ損。ぶっかけ、釜揚げとか。できるだけシンプルなうどんを試してほしいと思います。
f:id:oic:20191227074211j:plain
サービス券で、せとうみプリンをいただきました。原材料に、さぬきの夢(うどん用の小麦粉)が含まれていたり、甘みが藻塩だったり、ちょっと変わったプリンです。お試しを。
ごちそうさまでした!また来年!

香川・小豆島、瀬戸内海の美味しいもの浜松町で味わう ポンテせとうみ
もり家(もりや)|高松市の本格手打ち讃岐うどん