よろず鳥報

oishiiは正義

映画「NO SMOKING」

劇場予告をみた時から楽しみにしてた作品。仕事がえりに立ち寄れるレイトショーの期間で、かつ鑑賞料金が1100円になるサービスデイを狙っていったら、人気作品でよくあるパンフレット売り切れ。まあ、残念だけど仕方ないね。

f:id:oic:20191116093343j:image

マッカーサーがコーンパイプをくわえ、飛行機のタラップを降りてくるあの映像に"NO SMOKING"のタイトルが重なる。劇中では、細野さんがスパスパと煙草を吸っていて、なんでこのタイトルなんだろう?と思ったけど。あとで公式サイトを見たら細野さん自身の言葉が書いてありました。

タイトルの『NO SMOKING』の意味

「煙はね、音楽なんですよ」って発言、よかったな。煙草はずっと前にやめて以来吸わないし、吸いたいとも思わないけど、せんねん灸の煙がくゆる感じは嫌いじゃない。

YMOのメンバーって、

  • 幸宏さん:おしゃれでカッコいいおじさん
  • 細野さん:面白いおじさん
  • 坂本教授:ちょっとキモい変なおじさん

という印象を持っていたけど、教授のドキュメンタリー「ryuichi sakamoto:coda」を見て

  • ちょっとキモい→キモカワ
  • 変なおじさん→まごうことなき真の変態

という風に印象が変わった。この映画を見て、やっぱり細野さんのイメージ変わった。

ステージがめっちゃカッコよくて、しびれた。わりと最近の映像なんだけど、フォークみたいな曲とか、もっと古いブギみたいな感じの曲をやっているのよ。それがアンビエントで、グルーヴィ・・・レジェンドって、こういう人のためにある言葉なんだなって思いましたね。

11月の最終週、もういちどレイトショーがあるから、細野さんのアルバムを聴き込んで、もう一度観に行こうかな?と思っています。おもしろかった。おすすめ!

(2019年/日本)

追伸

映画をみたら、昔のアルバムを聴きたくなりますよね。Amazonプライムミュージックを探したら、はっぴいえんど・YMOのオリジナルアルバムは、全部ありましたよ。やったね!