よろず鳥報

oishiiは正義

映画「オーファンズ・ブルース」

日本の映画なんだけど、雰囲気がすごくアジアン。登場人物の役名が、エマ、バン、ヤン・・・とか。台湾映画を観ていると、役名が似ていて、セリフで混乱することがあるんだけど。この映画でも、バンとヤンが区別しづらくて、ちょっと混乱。

主演の村上由紀乃さんの顔立ちがオリエンタルな雰囲気を醸していて、この映画の雰囲気と、すごくよく似合ってる。お目当ての辻凪子さんは、役名もユリって日本人っぽい役名で、普通の女の子の役柄。なんだけど、この映画では、アジアン・ワールドにひとり放り込まれた日本人みたいになってる。

この映画は、寺山修司の本の一節から着想された話とのこと。映画公式サイトからの孫引きで恐縮ですが、

夏は、終わったのではなくて

死んでしまったのではないだろうか

「ひとりぼっちのあなたに」寺山修司

映画を見終えて、あらためてコレを読むと、なるほどねって思います。ストーリーみたいなものは、ほとんどなくって。いろいろと変なことか起きるんですが、それについての説明も一切ない。雰囲気を楽しむ映画。

90分と短めですが、めちゃくちゃ濃密で楽しい時間でした。工藤梨穂監督、覚えた。

(2018年/日本)

映画「オーファンズ・ブルース」公式ホームページ