よろず鳥報

oishiiは正義

わたしは崎陽軒を応援しています。

崎陽軒のシウマイ弁当は、横浜および近隣民のソウルフードです。

f:id:oic:20190815063723j:image

こだわりの食べ方(食べ順)を解説する同人誌を作る人(@tabekatagakkai)がいたり、ひとつひとつ手描きで絵柄が違うしょうゆ瓶(ひょうちゃん)を蒐集している人がいたり。崎陽軒Walkerなるムック本が出たこともありましした。

なぜ、それほど支持されるのか?というと

「序盤・中盤・終盤、隙がない」

これに尽きる思います。

シウマイ弁当は人の数だけあります。だから解説なんか野暮だし、実際に食べて実感してもらうのが一番だけど、東京・神奈川しか売っていないみたいなので。蛇足ながら解説をしてみますよ。

f:id:oic:20190815063643j:image

つまみになる豊富なおかず

シウマイ弁当は、お酒のつまみになるおかずが豊富に入っています。

左上隅の仕切られた場所にいるのは、昆布煮と紅しょうが。おかずは、左から順に、鶏のから揚げ、卵焼き、蒲鉾、カジキマグロの焼いたの。カジキの下に、人気の高い筍煮が敷き詰められています。シウマイは五個。頭にグリンピースが乗った「昔ながらのシウマイ」です。からしをたっぷりつけていただきます。

ビール派なら、筍煮を主力に据え、鶏のから揚げやシウマイを投入して盛り上げる感じでしょうか。お酒派なら、昆布煮と紅しょうがをつまみに、蒲鉾や卵焼きが嬉しい感じですね。

おいしいごはん

シウマイ弁当のごはんは、もち米のようなむっちりとした食感です。

是非ひと切れは、おかずなしで、そのまま食べてみて欲しいですね。噛むほどに甘く、俵ごはんが人気の理由がわかると思います。また、真ん中に乗っているカリカリ梅は塩味が濃いので、これ用に俵ごはんをひとつ残しておくことも忘れてはいけません。

残る俵ごはんは六つ。シウマイ一個で俵ご飯ひとつ、他のおかずひとつで俵ご飯ひとつ食べると考えると、どう考えてもおかずがいくつか余ります。おかずをお酒のつまみに使っても、食事が寂しくならない。これがシウマイ弁当なのです。

あんず問題

おかずの中心に置かれているのは、梅干しではなく干しあんずです。

シウマイ弁当の中で唯一の甘味なので、ショートケーキのいちご的な扱いにしている人が多いように思います。私は最後に残す派なのですが、最近もう少し違う楽しみ方があるんじゃないかと思っています。焼酎に入れて杏露酒ふうにしてみるとか・・・今後の研究課題です。

シウマイ弁当&フレンズ

シウマイ弁当は非の打ちどころがない至高のお弁当ですが、値上がり続きで、やや高級なお弁当になってきています。また、人によっては量が多すぎるかもしれません。そんなあなたに。

シウマイ弁当の2/3サイズの手軽なお弁当です。色ごはんの気分の時は、横浜シリーズとポケットシウマイ(昔ながらのシウマイ六個入り)を組み合わせがゴキゲンです。扱っているお店が少ないこと、扱っていても売り切れていることが多いのが難点です。念願かなった時の写真みて。

わたしは崎陽軒を応援しています。

横浜名物 シウマイの崎陽軒