よろず鳥報

oishiiは正義

ノ貫(へちかん)

ツイッターで流れてきた写真を見て、行ってみたいなと思った。調べてみると、横浜シネマリンから近い場所にある。映画の前に軽食とかに良さそうだ。

お店がある福富町というのは、風俗店やホテルが立ち並ぶ猥雑なエリア。スナックの跡に入ったような目立たない店構え。開店直後の11時すぎに到着したが、近くのコインパーキングに10人ほど待ち行列ができている。ぬかったか。40分ほど待って入店。

店内はカウンターのみ10席ほど。改めてメニュウを眺めると、煮干しスープのほか、あんこうとオマール海老の限定スープがあったみたい。ほかのお客をみていると、麺量ハーフで二種類頼んだり、和え玉なる味見サイズを頼んて連食している人が多い。

ぼくのラーメンが到着。基本の煮干しそばに、トッピングをぜんぶ載せてみた。凪みたいな攻撃的な味じゃなく、いたってマイルド。隅に浮いている玉ねぎが嬉しい。麺量が多かったが何とか完食。

お店を出たのは、ちょうど12時。あー映画間に合わなかったかと思いながら、伊勢佐木町あたりをぶらぶらとお散歩。いい天気でよかった。

f:id:oic:20190616232221j:image

f:id:oic:20190616232245j:image

以下、個人的なメモ。狭くやや暗い店内で人口密度が高いのと、店員のピリピリした雰囲気がじぶんはやや苦手。また来ようかな?という気分には、ならなかったなあ。