よろず鳥報

oishiiは正義

映画「ROME/ローマ」

先日、ネットで「ボクらを見る目」という、社会派作品の話題を見掛けた。これがNetflixのオリジナル作品だった。この作品「ROMA/ローマ」も、すごく地味なテーマだけど、Netflixの配給。どこかのプライムビデオが、少なくとも日本向けでは、TVのバラエティ番組の延長戦みないなのを配信していて、そんなもんかなと思っていたが、映画の世界も潮目が変わってきたなと思う。

1970年代のメキシコ。中産階級の家族と、そこで住み込みで働く家政婦の話。おそらく共稼ぎで、家にいるのはお婆さんと子供、それと二人の家政婦。旦那は家に寄りつかなくて、何やら観ていて申し訳なくなってくる。ちんちんブラブラ男は、さらにひどい。

映像は全編モノクローム。立体音響かな?室内のシーンでは、横や後ろから音が鳴っていた。動きの少ない長回しのカットが印象的。ただ、あれは少し酔う。いわゆる映画とすこし趣きが違う気がするけど、ぼくはこれはアリだと思う。Netflixを契約してみようと思っている。

 

ROMA/ローマ | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト