よろず鳥報

oishiiは正義

ハマの蕎麦くいだおれ(角平&田中屋)

横浜駅東口から歩いて五分ほど。平沼橋のたもとに建つ蔵のような建物が角平。ここの名物は「つけ天そば」。ようは天せいろなんだが、つけ汁にでかいえび天が一本ドンと立ったビジュアルは、昭和生まれと思えないインパクトがある。

真っ黒なつけ汁に天ぷらの衣が溶けだすと、より一層、濃厚な味になる。つけ麺の濃厚つけ汁に慣れた舌も驚く強烈なインパクト。これはうまい。お蕎麦は一枚もり(中盛・大盛可)冷たくてうまいし、量もちょうどいい。蕎麦湯も提供されるが、諸々考えてやめておくことにした。

おそば以外に、天丼やかつ丼などのお食事メニューもある。このつゆを使ったかつ丼とか、絶対うまい。塩分量を気にしながら全メニュー制覇したい。

f:id:oic:20190606071721j:image
f:id:oic:20190606071756j:image

角平から見える平沼橋商店街の門をくぐって、徒歩数分。さびれた商店街でひときわ目立つピカピカの建物が田中屋。ここの名物は「きざみ鴨せいろ」そば屋の花形鴨せいろの味を、お安く提供しようという心意気。

湯飲み茶碗ぐらいの器に注がれたつけ汁に、細かく刻まれた鴨肉がたくさん入っている。なるほど、ワイルドさはないが、味は鴨せいろ。お蕎麦は二枚盛りで、気前がいい。つけ汁の量に比して、ちょっと多いか?蕎麦湯も提供されるが、そば茶がうまいので、なんとなくそっ地を飲んでしまう。

新しいお店だけあって、クレジットや電子マネーなど、ひと通り対応。これは嬉しい。

f:id:oic:20190606071811j:image

f:id:oic:20190606071819j:image

そば屋を二軒はしごってどうなのよ?と思ったが、両店まったく違うコンセプトで営業されていて、まったく飽きることがなかった。それぞれよい所があるが、味と見た目のインパクトで角平に軍配。ごちそうさまでした。