よろず鳥報

oishiiは正義

三島でうなぎの食べ比べ

江戸のファストフードも、いまではすっかりぜいたく品。一尾つかった丼やお重は4,000円、二尾なら8,000円。三島では、これぐらいが相場みたい。「さわやか」なら、豪遊してもお釣りが出る値段だ。

うなぎ食べると決めて出てきたけど、おしながきを眺めていると、やっぱり迷いが出てくる。一尾か、二尾か・・・かなり迷ったけど、決めた以上は二尾でいこうと。ただし、いちばん評判のよいお店二軒で、一尾づつ。某クチコミサイトでワンツーの二軒で、うなぎの食べ比べを敢行しました。

一軒目「元祖うなよし

f:id:oic:20181027213135j:image
街の中心から少し外れた住宅街にあるお店。玄関に「相席をお願いします」「お席は40分迄でお願いします」など張り紙されていた。注文の多い料理店か。

店内は、大衆食堂といった感じ。メニュウはうな丼のみで、なかなか潔い。後からお客が続々と入ってきて、なかなかの人気店みたい。地元の人なのか、やたらラフな服装のお客さんが多い。うな丼は、でかい盃のようなものに盛られて出てきた。かなり大きく見えて、なかなかのインパクト。焼き方はたぶん関東式で、味はふつう。ボリュームで勝負するタイプとおみうけした。

二軒目は「うなぎ桜家

f:id:oic:20181027213201j:image
駅前すぐの立地。お店の前に案内係のおじさんが立って、お客をさばいている。

店内は街の喧騒から一転して落ち着いた雰囲気。和装の中居さんが忙しく働いている。うな丼・うな重・かば焼きごはんの違いにときめいたけど、残念ながら盛りつけが違うだけでモノは同じらしい。創業は江戸時代だって話だけど、営業は完全にイマ風。意地悪な言い方をすると、ファミレスっぽい。ただ、雰囲気ある店内で、お重に盛られて出てくるだけで、値段に納得感が出てくる。バカみたいな話だけどね。

焼き方はたぶん関東式で、味はふつう。観光客と団体利用でもっているスタイルとおみうけした。

どちらが良かったかは、ご想像におまかせする。