よろず鳥報

簡単、迷走、痛恨

映画「きみの鳥はうたえる」

自分いい加減いい歳なんだけど、青春ドラマが好きでね(熱血モノを除く)。

とりわけドリカム状態(男2人女1人)みたいな、不安定な恋愛模様が大好き。そんなドラマのセンターに「夜空はいつでも最高密度の青色だ」の石橋静河を配役って、もうそれだけで観に行くの決まりでしょ。相手役の柄本佑も好きな役者だ。

youtu.be

三人で楽しく過ごす時間。もちろん、いつまでも続かない。いまにも壊れてしまいそうな、あぶないバランスのまま続く。それが、パリンと壊れてしまうところなんだけど…

上映後の監督舞台挨拶で聞いた話では、原作の小説と違う、この映画のポイントのようなので、ちょっと書けない。ぜひ劇場で確かめてみてほしい。

kiminotori.com