よろず鳥報

簡単、迷走、痛恨

Essential Phone事始

(ひと月近く前の話だけど)スマホを買い換えた。
Amazon.comのPrimeDayで、Essential Phone PH-1が249ドル(通常価格は450ドル)で売られている話を聞きつけポチッ。送料込みで300ドル弱、いま使っているHUAWEI novaと同じぐらいの価格で、ワンランク格上のスペック。めっちゃお買い得でした。

見た目も格好いい。カメラの出っ張りがない、フラットなモノリス・デザイン。背面パネルはセラミック、ボディはチタンらしい。パーソナルに拘り、コーポレートロゴが入らない無印良品。
男子がトキメく要素が詰まってる!

しかし、そんな愛すべきEssential Phoneだけど、なんか変なクセが多い。ごはん写真がやたらメシマズに撮れたりとか、サイズの割に持ちにくいとか・・・あと重い。WiFiのアンテナも弱い。
HUAWEI novaは、不満らしい不満がなかったので、逆に新鮮な気がします。でも、コンピュータがお友達な人種からすると、ちょっとダメなぐらいが愛着が沸くってもんですよね?ね?