よろず鳥報

oishiiは正義

緊急速報メールという名の悪質メール

マナーモードに設定してあるスマートフォンが、デカい音を鳴らすのでびっくりして画面を見ると緊急速報メールというタイトルで

「iPS細胞から作った細胞を移植する治験が開始」
「西部邁さん自殺ほう助事件がどうのこうの」
「諫早湾の開拓事業で漁業者が敗訴」
「野村萬斎さんが東京オリンピックの演出統括」
「夏の甲子園56代表決まる」
「成田でエア・カナダ機が滑走路逸脱」
「アメフト内田監督を懲戒解雇」

といった内容のメールが一日に何度も届いてうんざり。
価値観は人それぞれだと思うけど、控えめに言って緊急性はない。いち私企業(テレビ朝日系列)が提供するニュースが、緊急地震速報と同じような位置づけで、希望と無関係に強制配信されるというのは、いかがなものか。
あまりにも悪質なので、UQmobileのカスタマーサポートに相談したら、事業者側では何も出来ないのだそう。「端末側で受信拒否に設定してください」というけど、あのねこの「緊急速報メール」とやら、なんか特別扱いされているみたいで、電話番号をブロックしても無視されるから相談しているんですけど。ガチャ。

今日配信されたメールを改めて眺めてみると、この程度のニュースに「号外」とか付けて出しちゃう新聞屋って何を考えているんですかね。自分たちの価値を自分で下げてどうする。典型的なオオカミ少年じゃまいか。