よろず鳥報

簡単、迷走、痛恨

おっさんひとり酒

ツイッター上で、若い人たちが鳥貴族あたりで楽しく飲んでるみたいだったので、おじさんもひさしぶりに「庄や」へ入ってみた。いつものひとり酒だけどね。

f:id:oic:20180707232557j:image
お酒を一合、この刺盛りと2品ぐらい取って三千円越えるぐらいだからまあ、安くはない。年長の店長さんは、持ってきた料理をひっくり返したりするドジっこだし、ロクなもんじゃない。
でも、やっぱりこういうお店は好きだ。なんでも屋がもてはやされた時代もあった。今の時代は、何か際立っていることがもてはやされる。なんでも屋は負け組なのだ。
負け組のおっさんが、負け組の居酒屋で飲む…お似合いじゃないか。