よろず鳥報

oishiiは正義

四月の永い夢@シネマジャックアンドベティ

ふわっとした雰囲気の話なんだけど、じぶんは結構、グサッとささりました。

筋をいっちゃうと、人が亡くなって、そこから脱皮する…みたいな話なんですけど。これはボクの受け取りで、あまり具体的な表現はなかったんです。季節が春から夏へと変わった…それが「何か」が変わったことを意味してるのかな?みたいな。ポエミーですね。

四月の永い夢 | Tokyo New Cinema Inc. | ヒトを豊かにする映画

今時そんなのねえよ!っていう、昭和ノスタルジーが話に色を添えます。監督は二十代の方らしいのですが…シブい趣味ですね。

映画の舞台は、東京の国立、それから富山。残念ながらボクはどちらもご縁がないのですが、土地にゆかりのある人は、ロケ地がわかったりして、さらに面白いかもしれませんね。立川シネマシティだけ何とかわかりました!