よろず鳥報

oishiiは正義

なつかしい、あの味

先日「ぼくの偏愛食堂案内」という本を読んだ。その中で、素敵な食堂の条件のひとつとして"オーナーが毎日働いている"ということが挙げられていた。

お店選びという観点では、まったくその通り。ただ、長く通ったお店が、何らかの事情でお店を閉めることになったのを何軒も見てくると、また違う思いもある。
f:id:oic:20180516073813j:image

せたが屋は、むかしは知らないけど、いまはチェーンのラーメン屋になっている。遠くまで出掛けなくても、並ばなくても、おいしいラーメンが食べられるのは嬉しい。

"オーナーが毎日働いている"お店は、是非行きたいと思う。それが、願わくはいつまでも継続してほしい。ムリな話かもしれないのですが。
f:id:oic:20180516073840j:image

ところで、せたが屋のラーメン、味変アイテムの多さが目を引きます。ガツンカレーというのは初めて見ました。これを投入してみると…なんと!これ「カール」のカレー味じゃないっすか!!!なつい!