よろず鳥報

oishiiは正義

写真展「石内都 肌理と写真」

横浜駅構内に貼ってあったポスター。被爆者のものと思われるワンピースを撮った写真で、そういうのちょっと苦手なんだよな…と思ってスルーしていたんですが。石内都さんが、ハッセルブラッド国際写真賞(とってもすごい賞)の受賞者だと知って、ミーハー心が急加速。会期も残り少ないので、あわてて観にいってきました。

石内都さんは市横の出身。むかしの横須賀の風景を撮った「絶唱、横須賀ストーリー」という初期作品から、被爆者の衣服などを撮った最近の作品までの一通り。人物写真は少なく、やや廃墟っぽい風景の写真が多い。粒子感のある力強いモノクロ写真が多く、どこかでみたことあるなと思ったんですが、いまスマホのカメラで撮れるHDR(High Dynamic Range)写真みたいな感じなんですね。凄えなあ、、、としか。

yokohama.art.museum