よろず鳥報

oishiiは正義

12月15日

いよいよ年の瀬という感じになってきた。金曜の夜の街は買い物客であふれ、ふだんなら待たずに入れる飲食店も、この時期ばかりは店前に待ち人が並ぶことになる。クイーンズ伊勢丹は改装で閉まってるし、並んでまで食べたくないよな。カレーハウスリオにしようかな…なんて考えていたら、さっと行列が消えた。こ、これは天啓か?いずれにせよ、運命には逆らわないほうがいい。ボクは勝烈庵に入った。

勝烈庵は、フルーツの味が感じられるお店オリジナルのソースが美味しいお店だ。どんなに美味しいのかは、又今後書こう。いつも頼むのは大勝烈定食だが、年齢も考えて普通のサイズにしようと思っていた。しかし、メニュウの表紙に「今年もやります!」と書かれたポップが。大勝烈定食を頼むと、合格祈願のお箸(単品価格200円)がもらえるらしい。勝烈庵のお箸は自分好みで、毎回持ち帰っている。でも、ほら別に合格祈願とかいらないし…ね?

「大勝烈定食ください」

大勝定食

横浜の老舗「勝烈庵」、店の歴史やソースを販売しない理由とは?(はまれぽ)

Posted from するぷろ for iOS.