よろず鳥報

簡単、迷走、痛恨

名物屋@黄金町 閉店によせて

夏過ぎから長いお休みを経て、閉店の張り紙が出ていたと聞いた。これも又聞きだが、親父さんが怪我をされ、営業再開の準備もされていたがついに断念されたとも聞いた。 名物屋さんのラーメンは生姜が効いた醤油スープで、どちらかといえば具材のほうに特徴があった。ふた昔前のラーメンという趣だけど、分厚く切られたチャーシューや歯ごたえのあるメンマは、今の基準でも通用すると思う。

名物屋のチャーシュー麺

長年ラーメンを食べ歩いているけど、最近のラーメンはうますぎて疲れるね。スープに凝り麺に凝って、具材も凝る。器から店の内装まで、出来ることは何でもやってみせるのが当世風だ。そんなオモテナシを受ける側も、行く前にお店に電話をして、ドレスアップして出掛けるぐらいの気構えが必要なんじゃなかろうか。 名物屋さんは良かったな。駅前のカウンターのみの小さい店で、うまくって。でも、うますぎなくて。気さくなお店で。むかしの味、美味しかったです。ありがとうございました。

Posted from するぷろ for iOS.