よろず鳥報

簡単、迷走、痛恨

映画「ハローグッバイ」

観る前は全然期待していなかった。妊娠したかも?ってひそかに悩むウェーイ系と、実は万引き常習犯のマジメな委員長が友情を深めるとか、漫画でしょ。映画オリジナルの脚本でソレ?って疑問だった。でも観てみたら、もっとずっとシニカルな視点だった。

https://youtu.be/zRSlIl4MMXw

「私たち友達だよね」と、言葉で確かめ合う「友達」との距離が実は遠く、境遇が違いすぎて言葉も交さない「友達」との距離が実は近い。ケータイやソーシャルネットワークを通じて、人と人の距離は狭まっているはず。なのに、実際なんか薄ーいお付き合いが増えているばかりのような?それが、いまの距離感なのかな。

あ、うん。みたいなのは、やっぱりあるよね。日本だけかもしんないけど。