よろず鳥報

oishiiは正義

映画「ヨーヨーマと旅するシルクロード」

事前情報ゼロで観に行って、邦題から紀行ドキュメンタリー的な中身を想像していたらまったく違ったでござるよ。笑

シルクロードと聞いて思い浮かぶのが、むかしのテレビ番組「シルクロード」とか、そのテーマ曲なのだから仕方がない。ミスリードを誘う、巧妙なタイトルだ。

https://youtu.be/IbKscNCWYIs

シルクロードとは、ヨーヨーマが主催している民族混成の楽団のこと。映画のテーマは楽団、音楽家たち、人そのもの。

わたしのような非芸術家は、音楽家という人種は音楽が好きでたまらない、そうであって欲しいと思っているところがある。ところが当の音楽家は、それとは全く違う動機で動いている。

世界最高のチェリストも、自分が何をしたらよいのか問い続け、自分に出来ることをやっていた。我々のような凡俗も、弱々しいながら、そうした気持ちを持っている。ヨーヨーマは、そうした人々の気持ちを鼓舞しているのだと感じた。

音楽家以外の芸術家も複数登場する。ライブペインティングの絵描き、中国の田舎劇団の爺さん婆さん。ヨーヨーマの「白鳥」に合わせ黒人男性が踊る姿は、本当に度肝を抜かれた。それが実に美しく、カジュアルな偏見を、たしなめられた思いだ。

映画「ヨーヨーマと旅するシルクロード」オフィシャルサイト

Posted from SLPRO X for iPhone.