よろず鳥報

oishiiは正義

映画「夜空はいつでも最高密度の青色だ」

タイトルを読んだ瞬間「あ、これは観たい…」と直感した。そんなドラフト一位指名みたいな映画は、なかなかあるもんじゃない。お昼休みに原作本を買い、その日のうちに映画館へ行った。 原作は何と詩集。映画の登場人物は、誰ひとり出てこない。台詞や独白に詩がいくつか使われている以外、「雰囲気」だけが詩の表現だ。しかしこれは、ドラマというよりは、ドラマ仕立ての詩集といったほうが正確だろう。

https://youtu.be/vUDhdOkJVhM

説明的な台詞を並べ立てても、本当に伝えたいことは、裏に隠した気持ちだったり。本当に伝えたい気持ちを、ジグソーパズルのようにバラバラにして、相手に渡したり…人間は面倒くさいんだ。ふつうのひとがアンビバレントな存在なんだ。 そのアンビバレントな感情が、体言止めのような形で描かれている。それが僕の心にズシンときた。その感動を伝えたくて、いま僕はこれを書いている。拙文に何か思うところがあったら、ぜひ観に行って欲しい。

ただ、この映画「死」がテーマとして繰り返し提示されるので、それが客観視できない方は、やめておいたほうがいいと思う。

Posted from iPad